医療情報コーナー

TOPへ戻る
 病気や薬について調べたい時、健康に不安を感じた時など、ご自身で必要な情報が得られるよう
病気に関する本や各種パンフレット、闘病記などを置いています。



 闘病記文庫
闘病記は、患者さんやそのご家族が病気とどのように向き合い闘ったかが書かれた手記です。
闘病記には、実際に病気を体験した人にしか分からない経験や、思いが込められています。
それは、同じ病気になった人や周りの人にとって、時には大きな助けになり、時には反面教師としての役割を果たすことがあります。
多治見市図書館では、「がん」とそれ以外の病気に分けて、それぞれ病名の50音に並べています。



闘病記文庫所蔵リスト

 


 
 家庭介護コーナー
家庭介護コーナーは、家庭での介護に役立つ本のほか、健やかな老後を過ごすために役立つ本、医療従事者、医学や福祉を学ぶ学生に向けた本などをテーマごとに並べています。
病気についてより詳しく調べることができるように診療ガイドラインなどの専門書も置いています。




 
 鈴と小鳥文庫
“すべての子どもの心とからだの成長を見守る”がコンセプト。
子どもの病気や、それに伴う看護や介護に関する本を置いています。小児の病気に関する闘病記も「鈴と小鳥文庫」にあります。




 
 がんサロン 綿の実会
 がんになった不安の気持ちを誰かに聞いてほしい、がんになった家族にどう接してよいかわからないなど、不安や心配なことを、がん患者さんやその家族の方とお茶を飲みながら気軽におはなししませんか?


日時:毎月 第1金曜日 14:00~16:00
※1月および祝日に重なる場合は第2金曜日に開催します。

場所:ヤマカまなびパーク 4階 図書館集会室
    予約不要 協力金100円