図書館からのお知らせ
 TOPへ戻る 検索画面へ こどものページへ 子ども情報センターのページへ
  第3回シンポジウム「図書館多読への招待」in多治見 いよいよ開幕  【終了しました】
 
英語多読の祭典 第3回多読シンポジウムの開催が迫っています。多治見市図書館ではアツい多治見の多読を全国に発信できるよう準備を進めています。
 
11月27日にご来場いただく皆様へ多治見のまちも紹介したく、「多治見市図書館周辺 おいしいまっぷ」をつくりました。
多治見市へご来場の際には、多治見のまちの魅力も探索していただければ幸いです。
 Library of the Year 2015 大賞を受賞しました 2015/11/13
 
「Library of the Year」は、これからの図書館のあり方を示唆するような先進的な活動を行っている機関に対して、NPO法人 知的資源イニシアティブ(IRI)が毎年授与する賞です。今年は27施設・団体・サービスの中から、くまもと森都心プラザ図書館、塩尻市立図書館/えんぱーく、B&B、多治見市図書館の4機関が優秀賞に選ばれ、大賞の最終選考対象となりました。

11月12日(木)パシフィコ横浜で行われた第17回図書館総合展で、「Library of the Year 2015」の最終選考会が行われました。大賞候補4機関についてのプレゼンテーションの後、ディスカッションを経て、審査員7名(選考会一般参加者票1票を含む)の投票により当館の大賞受賞が決定いたしました。



受賞理由
地域の産業に根差した「陶磁器資料コレクション」はビジネス支援・産業支援として本来図書館が取り組むべき課題に明確に向き合っている。特に収集が難しいミュージアムやギャラリーの図録を数千点規模で収集しており、この「司書が足で稼ぐ」収集活動のありようは、他の図書館にとって極めて示唆的である。


当館が美濃焼の街の図書館として収集を続けている「陶磁器資料コレクション」を高く評価いただけました。図書館3階の「陶磁器資料コレクション」コーナーでは陶芸やうつわの本のほか、全国の美術館やギャラリーの発行する展覧会図録やパンフレットを多く所蔵しております。この機会にぜひお立ち寄りください。

多治見市図書館特殊コレクション(陶磁器関連資料)のご案内

Library of the Year2015 最終選考会の動画はこちらから

「Library of the Year」は、IRIが図書館など全国の知的情報資源に関わる機関を対象として授与する賞で、2006 年に始まりました。
選考基準は、以下のとおりです。全国の公共図書館を総合的に評価して、ベストの図書館を決めるものではありません

1. 今後の公共図書館のあり方を示唆する先進的な活動を行なっている。
2. 公立図書館に限らず、公開された図書館的活動をしている機関、団体、活動を対象とする。
3. 最近の1〜3 年間程度の活動を評価対象期間とする。


これまでの大賞受賞機関

2006年 鳥取県立図書館
2007年 愛荘町立愛知川図書館
2008年 千代田区立千代田図書館
2009年 大阪市立図書館
2010年 カーリル
2011年 小布施町立図書館
2012年 ビブリオバトル
2013年 伊那市立図書館
2014年 京都府立総合資料館


参考
田村俊作. Library of the Year −良い図書館を良いと言う−. カレントアウェアネス. 2008, (297), p.2-3.

2015年の“Library of the Year”は多治見市図書館に カレントアウェアネス・ポータル
  

 
オールタイムベスト児童文学100 寄贈記念イベント 大好きな本と一緒にうながっぱと写真を撮ろう 【終了しました】

オールタイムベスト児童文学100の中からお気に入りの1冊を選んで、多治見市公式マスコットキャラクターうながっぱと一緒に写真を撮ろう。
きっと特別な1冊になりますよ。

期日 平成26年7月19日(土)
時間 午前10時頃
場所 図書館本館2階 児童書コーナー
※当日はカメラを持ってお越しください


オールタイムベスト児童文学100について

Amazon.co.jpがこれまでの書籍販売で、蓄積された各種データ(販売数、カスタマーレビューの評価など)をもとに選出した「児童文学」の分野における100タイトルのセレクションガイドです。この度多治見市内に多治見フルフィルメントセンターが所在することから、「オールタイムベスト児童文学100」で選定された100タイトル全ての本を地域貢献事業の一環として、多治見市へご寄贈いただくことになりました。
 この図書は7月19日から8月31日までの期間中、多治見市図書館本館内に展示コーナーを設けて貸出をいたします。更に貸出期間後は、10月以降より多治見市内の小中学校全21ヵ所の図書室へ巡回貸出を行う予定です。

オールタイムベスト児童文学100のリストはこちらから
 
夏休み期間における課題図書・自由研究・工作関連資料の予約・貸出冊数制限について 
多くの方にご利用いただくために、夏休み期間中は課題図書と一部の自由研究・工作関連資料の予約と貸出冊数を制限いたします。お一人につき貸出は一冊まで、返却期限は一週間とさせていただきますのでご了承下さい。
尚、ご予約に関しても同様と致しますのでご了承下さい。
昨年度までの課題図書については制限を設けておりません。2階にて展示コーナーを開設いたしますのでこちらもどうぞご利用下さい。

図書館のカードが新しくなりました

平成23年4月1日より図書館のカードがリライト式カードに変わりました。
このカードは表面に「借りた資料のタイトル(一部)や冊数、返却期限」を何度でも書き換えできます。
リライトカードは専用の読み取り機を通しますので、保管にはご注意下さい。


交換場所:図書館本館・子ども情報センター・笠原分館
交換方法:現在ご利用中の図書館利用者カードをお持ち下さい


必ず旧利用者カードをお持ち下さい。紛失された場合、再発行手数料として100円頂きます。

お問合せ先 多治見市図書館 0572(22)1047

貸出の多い本(ベストリーダー)のリストを分類別に表示するようにしました

人気のある本のリストの一般書の区分を分類別で表示するようにしました。
こちらから分類を選んで検索してください。検索結果から貸出状況や予約画面(要インターネット利用の事前登録)へ進むこともできます。

平成22年7月1日(木)より旧東濃西部視聴覚ライブラリーの資料の貸出を開始しました

平成21年度で業務を終了した「東濃西部視聴覚ライブラリー」の資料の一部を多治見市・土岐市・瑞浪市の図書館で引継ぎ、図書館資料として貸出ます。
場所は本館3階の壁面に専用の棚を設置しています。ご覧になりたいタイトルのケースをカウンターへお持ち下さい。ケースと本体を交換して貸出します。

図書館の資料として扱いますので、従来とは貸出・申込み方法が変わります。申請書は不要ですが、図書館の利用者登録が必要です。
初めて利用される方は、こちらのページをご覧になり、登録の手続きをお願いいたします。

・貸出には「図書館利用者カード」が必要です。個人の利用もできます。
・貸出点数は、図書館の他のAV資料(ビデオ・DVD・CD)と合わせて2点までです。
・貸出期間は2週間です。
・貸出中の資料のみ予約ができます。
・視聴覚ライブラリーの資料のみ、土岐市図書館、瑞浪市民図書館より取寄せて貸出ができます。
 (他のAV資料はできませんのでご注意下さい)


所蔵資料の検索は、このHP上からもできます。
資料検索のページの右上にある「旧東濃視聴覚ライブラリ」をクリックし、
「ビデオ」「DVD」の種別を選択してから「集計」をクリックすると一覧が表示されます。


お問合せ:東濃西部広域行政事務組合事務局 電話23-1111(内線489)
大活字本コーナーに子ども向けの読みもの「青い鳥文庫」が入りました


通常よりも文字が大きくて読みやすい「大活字本」のコーナーに、小学生に人気の読み物「青い鳥文庫」が入りました。
場所は2階カウンター横です。これからも新しい本が増える予定なので、どうぞご利用ください。
同じ本棚に大人向けの大活字本もあります。


来館不要で貸出延長手続きができるようになりました

平成22年4月1日より、一部の資料を除き、資料の延長手続きを来館頂かなくてもできるようになりました。

延長は1回限り、期間はお申し出のあった日より2週間です。但し、以下の資料は延長ができません。
返却期限が過ぎている資料
他の方からの予約が入っている資料
他の図書館から借り受けた資料


申込みはお電話又はこのホームページから延長できます。
(※インターネット利用登録をされた方のみ)
ホームページからの変更は、利用者のページからログインして貸出・予約状況画面を開き、延長希望の資料の左端にある延長ボタンをクリックして下さい。



利用者のページの「貸出・予約画面」上の「延長」をクリックすると「延長手続き完了」の表示がでます。
延長のできない資料には「延長」ボタンが出ませんのでご注意下さい。

公民館窓口を通じて借りられた資料は各公民館へご連絡下さい。ご不明な点は図書館本館までお尋ね下さい。
公民館窓口を通じての本の貸出が便利になります

平成22年4月1日より、公民館の窓口を通じて図書館の本を借りる際の冊数制限が変わりました。

今までは3冊が上限でしたが、今後は本館・分館の利用冊数との合計10冊以内になります。
ご予約も3冊から、本館・分館との合計10冊以内までできるようになりました。

ご予約は図書館本館・分館にある本のみになります。
図書館で所蔵していない資料の取り寄せ・予約などについては、お手数ですが図書館までご来館の上お申込み下さい。

多治見市文芸祭 受賞された方へのご連絡

入選以上の方には賞状と副賞(文芸冊子)をお渡ししております。
図書館本館にてお渡ししておりますが、遠方などでご来館できない方はゆうメール(旧冊子小包)の着払いにてお送りいたします。
ご希望の方は図書館までご連絡下さい。

お問合せ 多治見市図書館本館 電話 0572-22-1047
本館2階絵本コーナーにゆったりスペースができました



靴を脱いでゆったり座れるスペースができました。
親子で、お友達同士で、絵本を楽しむ場としてご利用ください。
家族向けの施設案内の詳細はこちらから。
毎月「多治見市図書館だより」を発行しています

図書館からのお知らせや職員からのお勧め本の紹介、図書館の便利な使い方などを掲載した「多治見市図書館だより」を発行しています。毎月1日発行で、本館・分館の館内、市立公民館などで配付しております。同じく毎月1日発行の「子ども情報センターつうしん」も是非ご覧下さい。
図書館について学ばれている学生の皆様へお願い 

 卒業論文やレポートなどで図書館に関してお調べの学生さんで、
聞き取り調査が必要な方は事前に具体的な調査(質問)内容をご連絡の上、訪問日のご予約をされてからご来館下さいますようお願いいたします。突然来館いただいても混雑状況によっては対応できない場合もございますのでご了承下さい。

 お問合せの内容が、利用者数や蔵書数など統計に関するものは、当館所蔵の「多治見市図書館要覧」「日本の図書館」「多治見市図書館要覧(PDF版も公開しています)」などの資料をご案内しますのでご自身でお調べ下さい。当館で提供しているサービスについても、館内でお配りしている利用案内やこのHPでも事業などの開催情報を提供しておりますのでご覧下さい。

館内撮影はカウンターでお申し出ください。撮影許可証をお渡しします。図書館利用の事実も個人情報にあたります。撮影許可が下りた場合でも利用者が写りこまないようにご配慮くださいますようお願いいたします。

 図書館では学生さんご自身でお調べいただくことも勉強のうちだと考えております。レポートのテーマをそのまま質問としてこちらに頂くのではなく、ご自身で先ずは当館について調べられることを調べてから具体的なご質問を下さるようにお願いします。特に司書資格取得のためのレファレンス演習の答えを図書館へレファンレス依頼されてもお答えできかねますのでご了承ください。
学習スペースのご利用について
4階の学習スペースでの飲食はご遠慮いただいております。飲食物などを机の上に置かないようにして下さい。食事やお喋り、携帯電話のご使用などは1階のロビースペースをご利用下さい。

夏休み・冬休みなどは利用者が多く、混み合うことが予想されます。ご利用の際は、長時間手荷物を置いたまま席を外すことのないようにお願いします。お手荷物の盗難・紛失には十分ご注意ください。20分以上放置してあるものについては机から撤去し、図書館事務所にてお預かりすることもありますので、予めご了承ください。

尚、図書館2・3階の開架スペースに設置してある机は、図書館内の資料を閲覧するためのものです。教科書や学習参考書を持ち込んでの勉強は、他の利用者の迷惑になりますので1階または4階をご利用いただくようご協力をお願いいたします。

学習スペースでの飲食・お喋り・机への落書きなど、残念ながらマナーの悪い方には利用をお断りすることがあります。来館された皆さんがお互いに気持ちよく使えるよう、ご協力をお願いいたします。